個を尊重した教育の必要性

教育は子供だけにならず、大人もいろんな意味でいろんなところで教わることが多くあります。

教育という場を考える

個を尊重した教育の必要性 教育は子供だけにならず、大人もいろんな意味でいろんなところで教わることが多くあります。武道の場では、子供の礼儀やしつけをさせるために、剣道などを習わして積極性や度胸に努力をする子に育てるために通わせる人もいます。子供だけでなく、自分もやってみようという気持ちになり、やってみると自分がはまり、そして初めて知る礼儀というものを教わります。

人は生きている間は修行であり、学びを得るために教育をされています。子供だけが、学ぶのだけでなく大人もともに成長をしていく、これが喜びに変わります。改め知る礼儀というのは、一般的に表面でのあいさつと考えている人もいるでしょう。しかし、真の礼儀というのは重んじることでもあります。

真の礼儀を知る事が出来たひとは、良い場に合わせた人でもあり、人格を上げていくきっかけにもなります。努力をする人は、多くのことを学んでいきます。子供にもその学びを知ってもらうために教育をしています。大人でも、知らない人が多くいますが、その分学んだ人は人としてワンステップ上がります。

Copyright (C)2019個を尊重した教育の必要性.All rights reserved.